球体関節人形等々
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
TOKYO
TOKYO (JUGEMレビュー »)
ベッド・イン
RECOMMEND
鯛獲る【初回限定盤】
鯛獲る【初回限定盤】 (JUGEMレビュー »)
オメでたい頭でなにより
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Loveless
Loveless (JUGEMレビュー »)
My Bloody Valentine
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
【展示会】アーバンギャルド10周年記念展「Girl’s Scriniumーアーバンギャルド・トリビュート展」に参加致します。

桜が咲いてめっきり春めいてまいりました昨今、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

花粉症の方がとても辛そうです。

私はたまにくしゃみが出たり少し目がかゆくなったりしていますがいやまだ花粉症じゃないまだだまだかからんよ!と毎年自分に言い聞かせています。

 

それはそれとして、アーバンギャルド10周年記念展「Girl’s Scriniumーアーバンギャルド・トリビュート展」に参加させて頂きます。

(以下、敬称略で失礼します)

 

**********


アーバンギャルド10周年記念展

 

「アーバンギャルド×危機裸裸商店〜不在の少女の衣装部屋」
「Girl’s Scriniumーアーバンギャルド・トリビュート展」


【会期】2018年4月6日[金]〜4月30日[祝] ★火・水休館
【会場】浅草橋・parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
【入場料】500円
【営業時間】月〜金/13:00〜20:00 土日祝/12:00〜19:00(★火・水休館)

 

 

 

『「少女」と「都市」を携えて10年間疾走してきたアーバンギャルドと、宝箱をひっくり返したようなファッションを提案し続ける危機裸裸商店。衣装を通じて世界を共有してきた両者が、ここパラボリカ・ビスで邂逅する。
そして今回、音楽・アート・文学を越境してアーバンギャルドという存在を表現すべく、様々な作家たちに挑戦してもらった。
現在(いま)のトーキョーに集う「不在の少女」たちを目撃せよ。』

 

展示キュレーター/高柳カヨ子(精神科医)

 

 

★Girl’s Scriniumーアーバンギャルド・トリビュート展★
CDジャケットでコラボしている画家トレヴァー・ブラウンや、繊細で可憐な少女を描いて人気の今井キラ、スーパーリアリズム・ペイントで注目の現代美術家チョーヒカルなど、アーバンギャルドをテーマに様々な作家たちが競演するトリビュート作品を展示いたします。
こちらの空間プロデュースは、マジョリカマジョルカのアートディレクションで名高い山口友里が担当。

 

[Artists]
トレヴァー・ブラウン、今井キラ、樒蜂、妖、須川まきこ/絵
LIEN、福寿/ぬいぐるみ
HIROKO(Daisy-D)[momoko Doll]、影山多栄子、長尾都樹美/ドール
チョーヒカル/写真
西島大介/フィギュア
松永天馬/ミクストメディア

 

空間プロデュース:山口友里


**********

 

10周年のお祝いの展示会に参加させて頂き大変光栄の極みです!

展示キュレーターの高柳カヨ子様、アーバンギャルド様、パラボリカ・ビス様に深く感謝申し上げます。

 

超豪華メンバーですね…(白目)球体関節人形部門が私でいいのだろうか…(白目)と思いますが、拙作にはお祝いの気持ちをぎゅぎゅぎゅっと込めました。

 

普通アーティストご自身がここまでトリビュート展に携わられることってないと思うんです。

メインイベントであるニューアルバムリリース、中野サンプラザでのワンマンライブを目前に控え、本当に沢山のイベントがある中、ここまで全力を尽くされるのだ…とぐうたら粘土こねるマンなワタクシはただただ圧倒されるばかりです。

会期中アーバンギャルドメンバー様によるイベントもありますので是非是非お運び下さいませ。

 

いちファンとしては4/4発売のニューアルバム、4/8の中野サンプラザワンマンライブ(展示参加が決まる前に自分でチケットを買っていました)が楽しみで仕方がありません〜!

 

アーバンギャルド松永天馬さんのブログより。
https://note.mu/urbangarde/n/n80c9e67fdb4a

 

そう、アーバンギャルドさんはライブがめちゃくちゃ熱くて楽しくてロックなんです。
難しいことは何もなくて、色々な要素がこれでもかというほどぎゅっと濃厚に詰まっているので未見の方は是非!

 

展示会も併せてどうぞよろしくお願いいたします〜!<(_ _)>

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.replica.sub.jp/trackback/874929
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.