球体関節人形等々
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
RICH
RICH (JUGEMレビュー »)
ベッド・イン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夏盤
夏盤 (JUGEMレビュー »)
打首獄門同好会
RECOMMEND
RECOMMEND
Loveless
Loveless (JUGEMレビュー »)
My Bloody Valentine
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
【展示会】7/29〜8/8『オマージュ渋澤龍彦-悪徳の栄え- そのエロチィシズムと背徳の美学』展に参加致します。

いや〜毎日暑いですね〜皆さまお元気ですか?

私はちょっと前まで体調を崩しておりましたが、今はおかげさまで元気びんびんでございます!


※なお体調不良は自己管理の至らなさによるものであり宇宙の波動や人智を超えたパワーや特定の団体とは一切関係ございません。

はい、すみません、宣伝させて頂きますね!

7/29(土)〜8/8(火)(※8/2(水)休廊)
銀座スパンアートギャラリーさまで開催される
オマージュ渋澤龍彦-悪徳の栄え- そのエロチィシズムと背徳の美学』展
に参加させて頂きます。






********************


オマージュ渋澤龍彦
-悪徳の栄え-
そのエロチィシズムと背徳の美学 展


渋澤龍彦によって翻訳されたマルキ・ド・サドの長編小説「悪徳の栄え」は、
美徳を信じたがゆえに悲惨な運命にみまわれ不幸な人生を送るジュスティーヌの物語と対をなす、
姉ジュリエットの物語である。
妹とは逆に、悪の哲学を信じ、残虐非道のかぎりを尽しながら、
さまざまな悪の遍歴をかさね、 不可思議な出来事に遭遇する
ジュリエットの波爛万丈の人生を物語る作品として知られている。
今年は澁澤龍彦没後30年にあたることもあり、澁澤龍彦のオマージュとして、
この小説のテーマとされるエロチィシズム、背徳、耽美な世界を空間に展開していく。

【会期】2017年 7月29日(土)〜8月8日(火)(※8月2日(水)休廊)

【会場】銀座 画廊 スパンアートギャラリー
住所:東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル
電話:03-5524-3060

【営業時間】11:00〜19:00 (水曜定休、最終日は17:00まで)

【アクセス】
■JR「有楽町駅」中央口・京橋口 徒歩3分
■地下鉄「銀座一丁目駅」4番出口 徒歩0分

 

【参加作家(敬称略)】
(平面)
池田龍雄、金子國義、さちこ、建石修志、槻城ゆう子、
中村宏、成田朱希、山本タカト、山本六三、 渡邊光也
(立体)
桑原弘明、佐藤久雄、緋衣汝香優理、マンタム、長尾都樹美


********************


すごい作家様ばかりですね(震
私はこちらの人形1体を出品させて頂きます。



私が渋澤作品と出会ったのは高校時代。悪友の方々と貸し借りして読み漁りました。
最初に読んだのは毒薬の手帖だったかな?
多感な時期に摂取したものは年をとっても根付いているものですよね。  

しかし「背徳のエロティシズムが」と言うと周りの方からプッと笑われてしまう我…
我ながらそうおもいます…人形がちゃんとテーマに合っているか心配ですね。。

シャレにならん暑い日が続いておりますが、お時間ご都合宜しければお運び下さいませ(*´ω`*)

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.replica.sub.jp/trackback/874926
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.