球体関節人形等々
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
TOKYO
TOKYO (JUGEMレビュー »)
ベッド・イン
RECOMMEND
鯛獲る【初回限定盤】
鯛獲る【初回限定盤】 (JUGEMレビュー »)
オメでたい頭でなにより
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Loveless
Loveless (JUGEMレビュー »)
My Bloody Valentine
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
【アーバンギャルド】KEKKONSHIKIと少女フィクション

先日4月8日、アーバンギャルドさんのワンマンライブ「KEKKONSHIKI」@中野サンプラザに行ってきました!

 

 

自分でチケット買いましたから!関係者席じゃありませんから!(強調

 

エルヴィス・コステロの来日公演から実に約20年ぶりに訪れた中野サンプラザ。

 

KEKKON、けっこん、血痕。たくさんの赤地に白の水玉模様。

美しく鬱くしい光景が広がっていました。

 

アーバンギャルドさんには大きい会場が似合う…!

 

よこたんさんの美しいビジュアルと硬質で透き通ったガラスのような歌声。

天馬さんのエキセントリックな(でも優しい)学校の先生のような動きと歌、MC。

瀬々信さんのバンドサウンドを支える安定したゴリゴリ骨太ロックなギター。

けい様の(アーティストをアーティストに例えるのは失礼かもしれませんが)森賢さんのような激しく踊りまくって跳ねまくる素晴らしい鍵盤。

 

あっという間でした。

めっちゃ楽しくて、感動的で、エンターテイメントでした(ありきたりかっ

 

10年間バンドを続けて常に新しい音や詞を生み出してステージに立ち続けるなんて、いつも呑気に楽しく拝見する側の私には全然想像もつかない大変なことですよ。。

 

音楽ナタリーさんのまともなライブレポートはこちらです。

https://natalie.mu/music/news/277826

 

そう、この日のアーバンギャルドさんは「あ、人間だったんだ」と思うようなあたたかさがあって(失礼か)多幸感に満ちていたのです。

青春。

YMOも「君に、胸キュン。」と歌ってましたし、テクノは胸キュンな音楽ジャンルなのかもしれませんね、きっと。

 

余韻でぼおっとしていたらエンドロールに自分の名前が流れたので「この世界の片隅に」のすずさんのように「見つけてくれてありがとう」と思いました(何が

 

リスカしてるそこのあなた、とりあえず生きろ。

 

(※写真は撮影OKの曲「自撮入門」にて。後ろにいいね!いいね!の文字。私が撮った写真はボケてていくないね)

 

 

さて、ニューアルバム「少女フィクション」です。

 

正直ここまでPOPに振り切れていると思っていませんでした。

少女のプロトコルを概ね捨てた最新型のアーバンギャルド。

 

有頂天の「べにくじら」とかJUDY AND MARYの「POP LIFE」、ピチカート・ファイヴの「オーヴァードーズ」を聴いたときの衝撃に近いものがありました。

すがすがしいほど絶望的で、吐き気がするほどロマンチックで。

 

歌だけがのこるのあたしはフィクションから始まって音楽が聴こえる聴こえるだろ君もで終わるのはずるいですね絶対泣いちゃうやつですねこれは。豪華版に入っているDVDと合わせるともう涙腺大破壊。

 

トーキョー・キッド、インターネット葬、鉄屑鉄男、少女にしやがれ、大破壊交響楽が特に好きです。

 

「これは私の歌だ、私に向けて歌っているんだ」と思われた方は沢山いるのではないでしょうか。

私もそのうちの一人です。

 

でも、このアルバムはこれまでよりもずっとマスに向けられた音楽です。

享年30年の平成を生きとし生ける、ぼくたちわたしたちの、みんなのうたでは流れそうもないけどみんなのうた。

 

CDは鏡。わたしを、あなたを、うつす鏡。ベルベット・アンダーグラウンドの「I'll Be Your Mirror」を連想させます。

 

いつか消滅する鏡がリリースされても、KEKKONSHIKIが終わっても、アーバンギャルドさんはまだまだ続きます。伝説に向かって。

 

また会いましょう、どこかで。そう、地獄でな!

Nine Inch Nails@新木場studio coast(5/19)
諸事情でブログ更新停滞しておりました。しょこたんはえらいなぁ。

絨毯爆撃のごとく繰り出される轟音に外見の変貌と同様、時に凶暴なまでの
肉体性をもって、時に神経症的繊細さで紡がれるトレントの歌声。と私の稚
拙な文章力ではとても表現しきれませんが兎に角素晴らしいactでした。
買ったツアーTシャツ(S)がメンズサイズということに気づきました。
父の日にプレゼントしようと思います。
TOOL@CLUB CITTA'
うをーーーーー私のお宅の近くにTOOLがーーーーー(うるせぇ
チケットを譲っていただいて参戦できました!!

いやーハコのTOOLはヤバイす。。お脳直撃す。。
変則音楽と変態映像が融合して、全身全霊でこの空間につまっている情報を吸収せねばと、
気づいたら異世界におりました。

家でCD聴いてるだけじゃ解らない、実際そこで何が起きているのか
体験することが大事なの!
てそんぐらい仕事or恋愛に熱意を注いでたら今頃勝ち組になれていた
かもしれませんねぇ(遠い目
んでもまた5月のNine Inch Nailsの先行予約とっちゃった☆
Evanescence@ZEPP TOKYO
待ちに待ったEvanescenceのライブですお!!(興奮)

一日がっつり有休を取っていたので青木画廊の七戸優展に寄りました。
精密かつ妙な強迫観念にかられそうなコワカワイイ世界観の絵。素敵。。(●´д`).。
画廊の真ん中にお人形の頭部が飾られていたのでガン見。
お人形は独学で制作していらっしゃるそうですが、
デッサンができる方はやはり造型も巧みなのですね。。
「オイシャサンゴッコ」本にサインしていただきました♪

さーさーEvanescenceのライブですお!!(2回ゆうた)
エイミー姫またちょっと肥(ゲホンゴホン)だけどやっぱりすごい超歌唱力!
まさにゴスクイーンの名にふさわしいですお(^ω^)
ヘヴィーでラウドな重低音サウンドにエモーショナルなボーカル。
私をどこかへ連れてって。。(誰)
とにかく最高のライブでした!!
余韻に浸りつつ、明日からもアゲアゲな感じで行きたいっですおっ☆(^ω^)
ドーパミン
日曜の朝っぱらから女性ボーカルが
アイムプリティーライクドラッグスとか叫んでる
ダウナー系の曲を聴いてみる。

大変調子が良い。

音楽療法的に
ローなときにうひゃーとかなってる音楽聴くと
余計落ち込むらしいです。

ロー曲⇒フツウ曲⇒ハイ曲
と徐々にあげていくと
いいらしいです。

サマソニ!!
見たバンドと自分ミシュランとプチ感想。

<1日目>
ANNA TSUCHIYA ★★★(意外に男子率高し)
AVENGED SEVENFOLD ★★★(何気にイケメン)
ZEBRAHEAD ★★★(嵐を呼ぶバンド)
HOOBASTANK ★★★★(家族愛)
THE CHARLATANS ★★★★(マンチェ再び)
DAFT PUNK ★★★★★(初日最後に大踊り)

<2日目>
10YEARS ★★★★(CD買います)
BOOM BOOM SATELLITES ★★★(アップルシード)
EMILIE SIMON ★★★(かわゆい)
LOSTPROPHETS ★★(詐欺だ(コラ))
AFI ★★(ゴスじゃねーし(おい))
BUCK-TICK ★★★(今井清春)
TOOL ★★★★★(モヒカンとグラサンと宇宙人)

2日目終了後、LINKIN PARKを見た友人から
「サイコーだったよ!!」とメールが。
マッシヴ見た職場の同僚からも「最高!!ベスト選曲でした!!」
ってTOOLもサイコーだったさ!!(泣)

あ〜やっぱり2日目のトリ3バンドは全部見たかったなぁ〜シクシク
でも楽しかったので良しとす。
しばらく余韻に浸ります。。

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.