球体関節人形等々
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
TOKYO
TOKYO (JUGEMレビュー »)
ベッド・イン
RECOMMEND
鯛獲る【初回限定盤】
鯛獲る【初回限定盤】 (JUGEMレビュー »)
オメでたい頭でなにより
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Loveless
Loveless (JUGEMレビュー »)
My Bloody Valentine
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
【アーバンギャルド】KEKKONSHIKIと少女フィクション

先日4月8日、アーバンギャルドさんのワンマンライブ「KEKKONSHIKI」@中野サンプラザに行ってきました!

 

 

自分でチケット買いましたから!関係者席じゃありませんから!(強調

 

エルヴィス・コステロの来日公演から実に約20年ぶりに訪れた中野サンプラザ。

 

KEKKON、けっこん、血痕。たくさんの赤地に白の水玉模様。

美しく鬱くしい光景が広がっていました。

 

アーバンギャルドさんには大きい会場が似合う…!

 

よこたんさんの美しいビジュアルと硬質で透き通ったガラスのような歌声。

天馬さんのエキセントリックな(でも優しい)学校の先生のような動きと歌、MC。

瀬々信さんのバンドサウンドを支える安定したゴリゴリ骨太ロックなギター。

けい様の(アーティストをアーティストに例えるのは失礼かもしれませんが)森賢さんのような激しく踊りまくって跳ねまくる素晴らしい鍵盤。

 

あっという間でした。

めっちゃ楽しくて、感動的で、エンターテイメントでした(ありきたりかっ

 

10年間バンドを続けて常に新しい音や詞を生み出してステージに立ち続けるなんて、いつも呑気に楽しく拝見する側の私には全然想像もつかない大変なことですよ。。

 

音楽ナタリーさんのまともなライブレポートはこちらです。

https://natalie.mu/music/news/277826

 

そう、この日のアーバンギャルドさんは「あ、人間だったんだ」と思うようなあたたかさがあって(失礼か)多幸感に満ちていたのです。

青春。

YMOも「君に、胸キュン。」と歌ってましたし、テクノは胸キュンな音楽ジャンルなのかもしれませんね、きっと。

 

余韻でぼおっとしていたらエンドロールに自分の名前が流れたので「この世界の片隅に」のすずさんのように「見つけてくれてありがとう」と思いました(何が

 

リスカしてるそこのあなた、とりあえず生きろ。

 

(※写真は撮影OKの曲「自撮入門」にて。後ろにいいね!いいね!の文字。私が撮った写真はボケてていくないね)

 

 

さて、ニューアルバム「少女フィクション」です。

 

正直ここまでPOPに振り切れていると思っていませんでした。

少女のプロトコルを概ね捨てた最新型のアーバンギャルド。

 

有頂天の「べにくじら」とかJUDY AND MARYの「POP LIFE」、ピチカート・ファイヴの「オーヴァードーズ」を聴いたときの衝撃に近いものがありました。

すがすがしいほど絶望的で、吐き気がするほどロマンチックで。

 

歌だけがのこるのあたしはフィクションから始まって音楽が聴こえる聴こえるだろ君もで終わるのはずるいですね絶対泣いちゃうやつですねこれは。豪華版に入っているDVDと合わせるともう涙腺大破壊。

 

トーキョー・キッド、インターネット葬、鉄屑鉄男、少女にしやがれ、大破壊交響楽が特に好きです。

 

「これは私の歌だ、私に向けて歌っているんだ」と思われた方は沢山いるのではないでしょうか。

私もそのうちの一人です。

 

でも、このアルバムはこれまでよりもずっとマスに向けられた音楽です。

享年30年の平成を生きとし生ける、ぼくたちわたしたちの、みんなのうたでは流れそうもないけどみんなのうた。

 

CDは鏡。わたしを、あなたを、うつす鏡。ベルベット・アンダーグラウンドの「I'll Be Your Mirror」を連想させます。

 

いつか消滅する鏡がリリースされても、KEKKONSHIKIが終わっても、アーバンギャルドさんはまだまだ続きます。伝説に向かって。

 

また会いましょう、どこかで。そう、地獄でな!

【展示会】アーバンギャルド10周年記念展「Girl’s Scriniumーアーバンギャルド・トリビュート展」に参加致します。

桜が咲いてめっきり春めいてまいりました昨今、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

花粉症の方がとても辛そうです。

私はたまにくしゃみが出たり少し目がかゆくなったりしていますがいやまだ花粉症じゃないまだだまだかからんよ!と毎年自分に言い聞かせています。

 

それはそれとして、アーバンギャルド10周年記念展「Girl’s Scriniumーアーバンギャルド・トリビュート展」に参加させて頂きます。

(以下、敬称略で失礼します)

 

**********


アーバンギャルド10周年記念展

 

「アーバンギャルド×危機裸裸商店〜不在の少女の衣装部屋」
「Girl’s Scriniumーアーバンギャルド・トリビュート展」


【会期】2018年4月6日[金]〜4月30日[祝] ★火・水休館
【会場】浅草橋・parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
【入場料】500円
【営業時間】月〜金/13:00〜20:00 土日祝/12:00〜19:00(★火・水休館)

 

 

 

『「少女」と「都市」を携えて10年間疾走してきたアーバンギャルドと、宝箱をひっくり返したようなファッションを提案し続ける危機裸裸商店。衣装を通じて世界を共有してきた両者が、ここパラボリカ・ビスで邂逅する。
そして今回、音楽・アート・文学を越境してアーバンギャルドという存在を表現すべく、様々な作家たちに挑戦してもらった。
現在(いま)のトーキョーに集う「不在の少女」たちを目撃せよ。』

 

展示キュレーター/高柳カヨ子(精神科医)

 

 

★Girl’s Scriniumーアーバンギャルド・トリビュート展★
CDジャケットでコラボしている画家トレヴァー・ブラウンや、繊細で可憐な少女を描いて人気の今井キラ、スーパーリアリズム・ペイントで注目の現代美術家チョーヒカルなど、アーバンギャルドをテーマに様々な作家たちが競演するトリビュート作品を展示いたします。
こちらの空間プロデュースは、マジョリカマジョルカのアートディレクションで名高い山口友里が担当。

 

[Artists]
トレヴァー・ブラウン、今井キラ、樒蜂、妖、須川まきこ/絵
LIEN、福寿/ぬいぐるみ
HIROKO(Daisy-D)[momoko Doll]、影山多栄子、長尾都樹美/ドール
チョーヒカル/写真
西島大介/フィギュア
松永天馬/ミクストメディア

 

空間プロデュース:山口友里


**********

 

10周年のお祝いの展示会に参加させて頂き大変光栄の極みです!

展示キュレーターの高柳カヨ子様、アーバンギャルド様、パラボリカ・ビス様に深く感謝申し上げます。

 

超豪華メンバーですね…(白目)球体関節人形部門が私でいいのだろうか…(白目)と思いますが、拙作にはお祝いの気持ちをぎゅぎゅぎゅっと込めました。

 

普通アーティストご自身がここまでトリビュート展に携わられることってないと思うんです。

メインイベントであるニューアルバムリリース、中野サンプラザでのワンマンライブを目前に控え、本当に沢山のイベントがある中、ここまで全力を尽くされるのだ…とぐうたら粘土こねるマンなワタクシはただただ圧倒されるばかりです。

会期中アーバンギャルドメンバー様によるイベントもありますので是非是非お運び下さいませ。

 

いちファンとしては4/4発売のニューアルバム、4/8の中野サンプラザワンマンライブ(展示参加が決まる前に自分でチケットを買っていました)が楽しみで仕方がありません〜!

 

アーバンギャルド松永天馬さんのブログより。
https://note.mu/urbangarde/n/n80c9e67fdb4a

 

そう、アーバンギャルドさんはライブがめちゃくちゃ熱くて楽しくてロックなんです。
難しいことは何もなくて、色々な要素がこれでもかというほどぎゅっと濃厚に詰まっているので未見の方は是非!

 

展示会も併せてどうぞよろしくお願いいたします〜!<(_ _)>

【展示会】人形と絵の「春」展はじまりました

どうもこんにちは!

昨日まで今日が祝日ということをすっかり忘れていましたOLときどき粘土こねるマンです。

 

そのすっかり忘れておりました本日祝日3/21から人形と絵の「春」展に参加させて頂いております。

 

 

 

* * * * * * *

 

【人形と絵の「春」展】

 

会期■3月21日(水・祝)〜3月27日(火)

会場■丸善・丸の内本店 4階ギャラリー(http://www.marunouchi.com/shop/detail/2015)

開場時間■午前9時〜午後9時(最終日は午後4時閉場)

主催■ドルスバラードさま(http://www.dolsballad.co.jp/)

 

* * * * * * *

 

素晴らしい作家様方とご一緒させて頂き大変光栄です!

 

あれだけ沢山の作家さんをとりまとめ、いつも一人一人に笑顔で丁寧に対応して下さるドルスバラード様には頭が下がります。。

わいも自分の事ばかり神経質にならず懐の深い優しい人になりたい(突然の反省

 

いち観客として会期中にゆっくり沢山の素敵な作品を堪能させていただきたいと思います!

 

不肖ワタクシの展示物は

 

・球体関節人形2体(85cm)

 

 

・絵2枚(A4サイズ)

 

 

・鹿の角と花のヘッドドレス2つ

 

・ポストカードセット(2枚組3種類)

 

となっております。

 

個人的テーマは「ゆうて、3月てまだ寒いやん?」です。

 

今日雪ですし!どうぞどうぞお足元にお気をつけてお運びくださいませ。

 

何卒宜しくお願い致します(^O^)
 

(※画像更新しました)【展示会】「人・形」展の出品作品です。

今はもう秋、誰もいない海。

 

 

…んなこたぁない!

 

 

はい、すみません!

 

ドルスバラードさま主催の9/27(水)〜10/3(火)「人・形」展@丸善丸の内本店4階ギャラリーに参加致します!

 

 

 

 

いや〜豪華作家陣ですね!

一観客として、毎年とても楽しみにしている展示会です!

 

わたくしめの出品作品の画像をはりますね。

 

1.あんじ(85cm)

2014年の「人・形」展で出品した人形です。髑髏こぶがなくなりました。

 

 

 

 

2.Emily(エミリー)(54cm)

 

 

 

3.Charlotte(シャーロット)(50cm)

画像の状態から少しメイクを変えました。赤いケープを羽織ります。

 

 

 

 

4.Angela(アンジェラ)(50cm)

翼を漂白したので、画像より少しきれいな状態になります。

 

 

 

5.粘土+クロスボディの人形(25僉■佳痢

完成画像はもう少々お待ちください〜!すみません!

 

 

 

さらに余力があれば先日のオマージュ澁澤龍彦展@スパンアートギャラリー様に出したような

鹿の頭蓋骨+ドライフラワーのヘッドドレスを出品する予定です。

 

一部仮ですみません!どうぞ宜しくお願いいたします。

 

お天気が不安定だったりで体調を崩しがちな季節ですよね。

 

私はかぶせていた前歯がポロリしちゃいましたが、無事はめなおして頂きました〜!!

近所の歯医者さんありがとう〜!!

 

皆さまもどうぞご自愛くださいませ♪( ^^) _旦~~

【展示会】7/29〜8/8『オマージュ渋澤龍彦-悪徳の栄え- そのエロチィシズムと背徳の美学』展に参加致します。

いや〜毎日暑いですね〜皆さまお元気ですか?

私はちょっと前まで体調を崩しておりましたが、今はおかげさまで元気びんびんでございます!


※なお体調不良は自己管理の至らなさによるものであり宇宙の波動や人智を超えたパワーや特定の団体とは一切関係ございません。

はい、すみません、宣伝させて頂きますね!

7/29(土)〜8/8(火)(※8/2(水)休廊)
銀座スパンアートギャラリーさまで開催される
オマージュ渋澤龍彦-悪徳の栄え- そのエロチィシズムと背徳の美学』展
に参加させて頂きます。






********************


オマージュ渋澤龍彦
-悪徳の栄え-
そのエロチィシズムと背徳の美学 展


渋澤龍彦によって翻訳されたマルキ・ド・サドの長編小説「悪徳の栄え」は、
美徳を信じたがゆえに悲惨な運命にみまわれ不幸な人生を送るジュスティーヌの物語と対をなす、
姉ジュリエットの物語である。
妹とは逆に、悪の哲学を信じ、残虐非道のかぎりを尽しながら、
さまざまな悪の遍歴をかさね、 不可思議な出来事に遭遇する
ジュリエットの波爛万丈の人生を物語る作品として知られている。
今年は澁澤龍彦没後30年にあたることもあり、澁澤龍彦のオマージュとして、
この小説のテーマとされるエロチィシズム、背徳、耽美な世界を空間に展開していく。

【会期】2017年 7月29日(土)〜8月8日(火)(※8月2日(水)休廊)

【会場】銀座 画廊 スパンアートギャラリー
住所:東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル
電話:03-5524-3060

【営業時間】11:00〜19:00 (水曜定休、最終日は17:00まで)

【アクセス】
■JR「有楽町駅」中央口・京橋口 徒歩3分
■地下鉄「銀座一丁目駅」4番出口 徒歩0分

 

【参加作家(敬称略)】
(平面)
池田龍雄、金子國義、さちこ、建石修志、槻城ゆう子、
中村宏、成田朱希、山本タカト、山本六三、 渡邊光也
(立体)
桑原弘明、佐藤久雄、緋衣汝香優理、マンタム、長尾都樹美


********************


すごい作家様ばかりですね(震
私はこちらの人形1体を出品させて頂きます。



私が渋澤作品と出会ったのは高校時代。悪友の方々と貸し借りして読み漁りました。
最初に読んだのは毒薬の手帖だったかな?
多感な時期に摂取したものは年をとっても根付いているものですよね。  

しかし「背徳のエロティシズムが」と言うと周りの方からプッと笑われてしまう我…
我ながらそうおもいます…人形がちゃんとテーマに合っているか心配ですね。。

シャレにならん暑い日が続いておりますが、お時間ご都合宜しければお運び下さいませ(*´ω`*)

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.